サイズは3種類

 アーロンチェアにサイズは3種類用意されています。ご購入の際には、サイズの選定はたいへん重要なファクターになります。

サイズはABCで表します

 アーロンチェアのサイズは3種類あり、ABCで表記されます。呼称する際には「Aサイズ」「Aモデル」「Aタイプ」といったように揺れがあるようですが、ABCで表現される点を押さえておけば大丈夫です。

 Aが最小サイズで、Cが最大サイズです。AとBであらゆるユーザーさまのうち95%をカバーするとされ、これにCを加えると同じく99%までに適合するといいます。なお、Cサイズのアーロンチェアはいわゆるアメリカンサイズで、日本で購入する場合は基本的に海外からの取り寄せになります。

 ちなみにアーロンチェアのサイズは、背面フレームの天辺の折り返しの裏にある、小さな突起の数で確認できます。突起が1つならA、3つならCになります。アーロンチェアに触れられるご機会がありましたら、触ってお確かめください。

アーロンチェアを購入する際のサイズの目安

 各サイズの目安のひとつを述べますと、以下のようになります。



Aサイズ 145~165cm 体重~55kg

Bサイズ 160~185cm 体重50~80kg

Cサイズ 180~200cm 体重75kg~



 また、ハーマンミラー社や正規代理店には、x軸に体重を、y軸に身長をとって作成された、アーロンチェアのサイズ対応表があります。原点を147cm・41kgに取り、x軸最大値が122kg・y軸最大値が197cmになっている表です。原点のごく付近がA、大半がB、xもしくはyが最大に近いエリアがCになっています。

 ただし、この表自体にも以下の記載があります。「この表は目安であり、個人の体格、筋力、感覚によって差が生じる場合があります。」 あくまで目安です。

目安を鵜呑みにしてはいけない理由

 さて、本ページの冒頭で、サイズの選定はとても重要であると述べました。また、サイズ対応表があくまで目安である事も繰り返し触れました。実際のところ、男性のかたはBサイズを、女性のかたはAサイズを目安にご購入いただければ概ね適合するとは思われます。ですが、3つの理由により、アーロンチェアはよくよく試座された上でのご購入をお薦めいたします。



(1)アーロンチェアは長時間の着座(1日10時間以上)に真価を発揮する。

(2)アーロンチェアはメッシュチェアであるため、フレームが存在する。

(3)正規新品購入でも、サイズ交換は無償保証の対象外である。



このうち(1)と(2)はリンクしてお考えください。どういう事かを端的にいいますと、座面前辺部のフレームが、太腿部を圧迫する可能性があるんですね。短時間の着座では気にならないかもしれませんが、1日10時間並みに着座執務した場合に、座背面メッシュは体にフィットするのに、太腿部にストレスがかかって座り心地が持続しない、という事が起こりえるのです。他の部分はアーロンチェアに実装されているカスタマイズ機能で調整が利きますが、サイズ不適合によるフレーム位置の問題はどうにもなりません。しかも機能上の不具合でもないため、無償保証も適用されないというわけです。

アーロンチェアを買う時は

 アーロンチェアをご購入の際は、サイズをよくよくお確かめの上でお求めください。ハーマンミラー社および正規代理店でお買い求めの場合は、販売スタッフさまとご相談の上でご購入くださいませ。